Our Story

デザインや建築に対する感性を持っていたロベール・クレジュリーは、1970年にフットウェアの世界に出会いました。彼はすぐに技術的なアプローチを持つこの職業に惚れ込み、フランスの靴産業の発祥地であるロマン=シュル=イゼールで数年間働いて訓練を受けました。

彼はすぐに自分のブランドを作ることを考えましたが、1978年にロマン=シュル=イゼールにある歴史的な工場を取得することを選びました。1895年からのアーカイブと、最高の職人のノウハウが活かされていたからです。この伝統のおかげで、彼は自分の高い基準に合わせて、生産のすべての段階を素早くマスターすることができたのです。

1981年、パリのシェルシュミディ通り5番地に最初のブティックをオープンし、「クレジュリー」ブランドが誕生しました。

クレジュリーのコレクションは、常にフランスの工房で考案、開発、製造されており、シンプルさと革新的なデザイン、伝統的なノウハウと高貴で革新的な素材が融合しています。建築的なデザイン、ラフィアなどの天然素材の使用、マスキュリンとフェミニンの融合など、このブランドのアバンギャルドなアプローチが反映されています。グッドイヤー・ステッチを象徴的な工程とすることで、最高級の靴の製造にそのスタイルを取り入れています。クレジュリーは、大胆で型破りなアプローチで、常にエレガントなタッチで昇華された強い美意識を持つブランドです。

クレジュリーは、自分のエレガンスを定義する自立した現代女性からインスピレーションを得ています。我々のシューズは、自由な動きを妨げることなく、オリジナリティを強調します。

その特徴的なデザインが評価され、「ベスト・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を3度受賞し、2005年にはアメリカ・ファッション・フットウェア協会の「ホール・オブ・フェイム」にも選出されています。

2017年には、アーティスティック・ディレクターのダヴィッド・トゥルニエール・ボーシエルが、クレジュリー・コレクションの制作を引き継ぎました。ロマン=シュル=イゼールに生まれ、靴産業に携わってきた家系に生まれた彼は、25年に及ぶラグジュアリーシューズデザインの経験を持っています。彼の技術力はもちろんのこと、現代的な感覚やクラシックを再解釈する能力は、彼を真のシューズ・アーキテクトにしています。クレジュリーの伝統をベースに、革新的なアプローチを模索し、フランスのメゾンの卓越した継続性を確保しています。創設以来、世界的な名声を得てきたクレジュリーの伝統的なDNAを変えることなく、新しいモデルはブランドをより現代的な方向へと導きます。

クレジュリーは、自社のブティック(パリ、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、カンヌ、マドリッド、ジュネーブ)のネットワークと、世界各地の250以上のセレクトショップ・パートナーを通じて、世界中で販売されています。将来を見据えて、新たに2つのブティックがオープンしました。1店舗目は、2017年9月にパリのサントノーレ通り326番地に、そして2店舗目は、2018年2月にニューヨークのマディソン・アベニュー901番地にオープンしました。